noob log.

組み込みSE兼プログラマの備忘録。

DQR(ドラゴンクエストライバルズ) テンポゼシカ デッキガイド

f:id:randy_hoo:20171114203828j:plain

マリガン

ようじゅつし、マジックフライ、メイジキメラ

(対アグロ・高速ミッド)イオ、メラミ

(対コントロール・低速ミッド)魔力の息吹、わらいぶくろ、わたぼう

 

ゲームプラン

下記3つのプランから有効なプランを選択してプレイする。

・除去し続け、相手のリソースが切れたところでモンスターで殴る

・序盤からモンスターを出してビートダウン

・最低限の除去で捌き、ようじゅつし+各種呪文でテンポを取って押し勝つ

序盤(1~4ターン目)

(対アグロ)

できるだけ少ない手札で除去することを考える。

組み合わせることで効果が上がるものは1回殴られてでも組み合わせること。

例:げんじゅつし:呪文ダメージ+1

  みならいあくま:ランダム1点

 

(対コントロール)

残すと厄介なモンスターだけ除去し、呪文を温存、ドローを優先する。

ランプピサロ等の低速デッキの場合はメイジキメラ等でライフを詰めるプランを取る。

中盤(5~7ターン目)

ようじゅつしと呪文を組み合わせ、盤面を取る。

早詠みの杖は使えるなら使う。手札で腐りそうなら空撃ちしてようじゅつしで打点に変える。

このころからリーサルのことを考える。

テンションスキルの3点を除去に使う場合、ライフを詰める打点が足りるかよく考えて使うこと。

終盤(8ターン目~)

溜めこんだ手札をガンガン使ってライフを詰めていく。

この段階になると0コスト呪文は腐る為、ようじゅつしの弾として使う。

除去しないと負けに繋がるモンスター以外は無視し、ライフを詰めることを優先する。

リーサルを常に意識し、勝ち筋を見失わないこと。

 

Tips

わたぼうの出し時

わたぼうはいつ出しても強いので、出せるなら出す。

ただし、雑に出すのではなく、わらいぶくろやマジックフライを壁にして出すこと。

継続打点と瞬間打点

モンスターを主体とするプランを取る場合、呪文は除去に使うこと。

継続して出せる打点(継続打点)とその場限りの打点(瞬間打点)のどちらを優先するか、適切に判断することが大切。

亡者のひとだま、メイジキメラはメインの継続打点の為、フェイスorトレードは慎重に。

マジックフライ or みならいあくま or テンション?

初手は以下の基準で選ぶとよい。

対アグロ=マジックフライ

対コントロールかつ2ターン以内に呪文を使う予定=みならいあくま

対コントロールかつ2ターン以内に呪文を使わない=マジックフライ

それ以外=テンション

created by Randy_Hoo.